MARS SUBMARINE

MUSIC & ART PROJECT in ∞HARLEM

2031

      2016/11/05

2031

今夜は、近所の「2031」で飲んでいる.

「2031」というRestaurantの屋上がBARになっているのだが、
ココが開放的で気持ちイイのだ.

超高層ビルではないけれど、
それなりに遠くまで見渡せて、
これからの暖かい季節は窓も開けて、
"都心の夜"を感じられる.

店内のライトを落としているから、
外のほうが際立って眺めることができる.

そして、
停電の夜に感じられるような、
今ココが際立つ.

ライトの使い方も上手い!

↑この写真のガラスにも、
反射して映ってるけど、
店内には絵画が飾られていて.

ただ、絵画以上に、
店内の光景そのものが
絵画的.

2031
ココでは、光景そのものがART.

2031

2031-glass

▼住所
東京都渋谷区神山町16-4 ヴィラメトロポリスRF

P.S.

店名の「2031」って、
2031年のことを表しているのだろうか?

20年後、
日本は、世界はどうなっているのだろう?

明日何があるかもわからない今ではあるが、
私個人的には、長期的に効果が出続ける“資源”を育てていきたい.
“資源”というのは“比喩”で、人に欲されて提供し対価をいただけるようなもののこと.

そして、
かつて、PUNK BANDが"tourists are money〜♪"と歌ったように、
観光客をもMONEYに変えてしまうセンスが必要だ.

“混乱”さえも、事業機会にしてしまうセンスが必要だ.

"善いか悪いか"などという基準など、
神のみぞ知るだから、
(いや、神さまにもわからないことだろうw)
"善悪の彼岸"で考えるセンスで行動していこう♪

と思い、
ニーチェの著書"善悪の彼岸"を読み返した.

 - 8.GOURMET, 9.DIARY