MARS SUBMARINE

MUSIC & ART PROJECT in ∞HARLEM

iPhone7を買って思うこと 〜端末の意義はデザイン性くらいになってきている

      2016/11/24

iPhone7

昨日、iPhone7を買った。

元々使っていたiPhone6のバッテリーの減りがあまりに激しくなったためw、、「このタイミングで」と思って。

私は、iPhoneのデザインが気に入っている。シンプルで美しい。Macbookと同じく、Appleならではのデザインセンスが表れているよね。

一方、iPhoneの機能性に関しては、ほとんど関心がなくなったw

iPhoneの発売当初は、iTunesを軸とした音楽やデータの管理が斬新だったのだが、10年経った今、そのシステムが時代遅れになってきているのを感じる。Appleの考え方って、端末を軸にしている傾向があると思う。iCloudも始まってはいるものの、それが軸になりきれていないというか。

私は今では、iPhone、Macbookという端末は使ってはいるものの、そこで使うサービスは、ほとんどGoogleのものを使っている。Google Play Music、GMail、Google Map、Photo、Chrome、Driveなどなど♪音楽を楽しむのも、データの管理も、Googleの仕組みを使った方がカンタンで便利!

端末だけオシャレ目的でAppleのものを使い、機能面では、ほとんどGoogleのものを使う、という...

なので、Google on Apple、という感じw

だから、iPhoneの端末を替える際も、以前ほど大きなイベントではなくなってきた。重要な機能やデータが、iPhoneという端末に紐付いたところにはなく、ほとんど、Cloud上のGoogleのサービス内にあるので、「データ移行」なんてしなくても、ログインした途端に元の状態で使える。

データ移行なんて考え方自体が古くなってきてるのでしょう。

そういう意味では、LINEも発展途上かなと思っていて、端末を替える際、「データのバックアップ&復旧」などという、Apple的な、旧時代の作業が出てくる...

いずれにせよ、端末に紐付いたシステムは、Cloudベースのものにどんどん置き換わっていくでしょう。iCoudなんて特別視して呼ぶのではなく、Cloudが当たり前の環境に。

今の時代、端末よりも大切なもの、それは、ログインするためのアカウントではないだろうか?

P.S.

今回のiPhone7への移行で、大きな進化もあった。それは、SuicaがiPhoneで使えるようになったこと。iPhoneでChargeもデキるし、駅の券売機に並ぶ手間はなくなった!

 - 9.DIARY , ,